あきかんによるあきかんの為のそうでもないgdgd日記

実況者あきかんによるグダグダな日常を描いたブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっと怖い夢を見ました

まだ心臓がバクバクして、これから話す女の子の目が鮮明に残ってます。

夢の中はなんだかごちゃごちゃで、ストーリーは母の友人が次々と変死する話です。
夢の中の私はその時点でまだ登場してなくて、母は友人達が何故変死したのか理由は分かっていたらしく、次の被害者が出ないように頑張って調べていました。

けど、母が誰かと電話している時私はいました。
その電話の内容は忘れてしまいましたが、友人さん(男の人)が「お前今何時だと思ってんだよ!もう6時半だぞ」という声が聞こえて、私はパッと携帯で時間を見ました。

携帯には、


2 時 半 と 表 示 さ れ て い ま し た 。

その夢の中の私は何故か意味の分からない冷や汗が流れました。
その友人さんが嘘を言っているようには聞こえませんでしたし、何より外は明るかったんです。真夏のように明るい日差しだったのは覚えています。

その時私は見たんです。
母の座っていた場所に妙な紙が落ちていたのが。
内容は忘れましたが、「金の髪女」「水」「死」というわけが分からない内容でした。
でも夢の中の私は母が被害者を増やさないように調べていたのが分かっていました。
だからでしょうか、夢の中の私は「金の髪の女に会ったら死ぬ」と、分かって、多分何らかの理由で母はその女に会って死んでしまうのだろうって。

それを分かった私はガタガタ震えて、お母さん、お母さんと呼び続けました。
母は静かに「あきかん(本名はマズいのでこの名前にしました)、今日はばあちゃん家に行きなさい」と言いました。

「で、でも、それじゃお母さんが…!」「いい?さり気なく、何も見ずに帰るんやで?お母さんは…流されて行くんやから」

流されて行く、というのは夢の中の私は分かりませんでしたが、今こうやって書いてる私は分かったような気がします。
恐らく、三途の川に流されて行くということを言っていると思います。
母は真剣な顔で私に言って、私はそそくさとエレベーターに向かいました。母を残して。

そしてエレベーターに着きました。
右が廊下、左はガラスの扉になっていました。そこは私の家じゃなかったです。でも夢の中での私の家みたいです。団地の最上階でした。

エレベーターが来るのを待っていた私は何となく、その左側の扉をひょこっと見ました。
まだ明るい日差しでした。
見るのを止めた私は、冷や汗が出ました。
何故なら、その扉を覗いた時に、ガラスに写っていたのは私の他に髪の長い女の子がいたからです。

バッと自分の隣を見ると、女の子がこちらを見ていました。
よくあるリングの貞子みたいな女の子でした。
前髪が長くて、顔が見えませんでした。
そして女の子の目を見た瞬間、ゾッとしました。

瞳孔が開いていて、ギョロッとして、生気のない目でこっちを見ていました。言葉でどう表現していいか分かりませんので、後日その女の子の絵を書こうと思います←

話を戻します。
その女の子の髪は黒髪でした。
でもエレベーターへ向かう時にその女の子はいませんでした。
ましてや、近付いて来たなら音でわかります。

そして女の子は一歩近付いて来ました。私は一歩下がります。もう頭の中でこの世の者じゃないと思った私は恐怖しました。
そんな時です。
女の子の髪が一瞬にして金髪に変わったんです。
夢の中の私はIbを知っていたんでしょうね。「メ、アリー…」って言いましたから。服違ってましたから別人(?)です。我ながらビックリで笑えて来ましたwwwwww

そして女の子は「ア゛ァアァアアァァアアアアアァアアアァアアアァァアアアアァ!!!!」と叫びながらこっちに向かって来ました。声、低かったです。男の人みたいに。

そして私も「うわあああああ!!」と叫びながら、その女の子を放り投げてしまいました。
団地の外へ。
因みに先程言いましたが、夢の中の私の家は 団 地 の 最 上 階 です。もし人間だったらまず生きていないでしょう。
今思えばその放り投げる様はさながらハンマー投げのようでした。

そこで私の夢は途絶えて、起きました。
なんちゅー夢見てんだ私は。
とりあえず目が覚めてしまって、眠れないのでその夢の内容を今私が書いています。
と言っても、今日は朝からバイトがあるので構わないんですけどね。

起きた時は心臓が痛い程バクバクしていて、冷や汗びっちょりでした。

とりあえずやるせないので書きました。
なんか隣の部屋から「アンパンマンは君さ☆」って聞こえます。何故、母はアンパンマンを見てるんだ。
では失礼しました。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/02(日) 06:42:11|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<12月13日 | ホーム | うぉえ>>

コメント

とても面白い夢ですねw
あwお久振りです^^

そういう怖い夢って起きてもちょっとの間、本当に目覚めたのかわからなくなったりとかしますよねw
まだ夢の中なんじゃないんだろうか。とかw

私は夢の中で「あ、これいま夢だ。」ってわかった事が一回だけあったんですが、その時に起きようとして色々しても一切起きれなくて夢の中でこのまま起きれないんじゃないか・・っておもってかなり焦った事はありますねw
他にも沢山悪夢とかみてるんですが、ちょっと変わった夢っていうことだと、コレが一番かもしれません^^

まぁ起きてしばらくドキドキしちゃってたんなら、そのドキドキしてるMUNEを私が・・こう・・・鷲掴みにしておさえてあげますよ///←チョットマテ
  1. 2012/12/08(土) 07:06:42 |
  2. URL |
  3. 子分 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1000102424.blog.fc2.com/tb.php/73-6543e4aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。